金属表面を装飾するメッキの特徴

メッキというのは、金属製品の表面を処理する方法の1つとして開発されたものです、金属製品の表面を装飾して美しくみせるだけでなく、腐食等から守るバリア機能にする役割も持っています。

メッキ処理を行う事で、地金属を様々な抵抗から守る事が可能になり、女性で言う所のお化粧のような役割で、美しく価値を上げつつ、地肌を紫外線等から防ぐ効果もあるという感じです。

メッキ金属は地金属と密着して、間にガスが潜り込んだり、不純物が入っていない状態が望ましいです、金属を2種類以上接触させる為に各金属の特徴をそれぞれ掴むだけでなく、両金属を合わさる事による性質を考え行われるようになっています。

1+1が0になったり10になったりと相性があるのです。

コメントを残す