金属保護のために装飾用に用いられる金メッキの効果

メッキの中には金メッキというのがあります。 ご承知のように金・ゴールドというのは永久に錆びたり、材質的に変化しないというのが特色です。 そして通常で金属というのは鉄にしろ銅にしても一般的には腐食したり錆びたりしますが、此れ等を防止するためにも表面をメッキで金を被せてしまうのです。 其の金メッキといえば、良く知られていて代表的なのが装飾用、飾りのために貴金属類のメッキというのがあります。

普通、メッキといえば大きく分けて電気的に行なうか、又は、化学的処理によって大きく分けられますが、装飾用の場合は概ねが電気メッキで行われます。 電気の+、-(プラス、マイナス)の金属イオンを遊離、分離することにより、相手の金属に付着させることになるのです。

此の時に、いきなり金をかぶせるのではなく、銅やニッケル等の他の金属を予めメッキしてから最終的に金をメッキすることになります。 金の装飾用メッキは物理的に金属を保護するばかりでなく、見た目もも黄金色に輝き其の価値を高めることになるのです。

PR|メッキ加工のネオプレテックス

カテゴリー: メッキ パーマリンク