メッキを行う前の脱脂の重要性

PR|http://www.neopretex.com/career/|

メッキを行う前には、金属表面に対する前処理を行う必要があります。金属の表面には指紋や研磨剤のような有機物質層があります。これを完全に除去しないことには金属間の結合が形成されません。ここで行われるのが脱脂工程です。

金属表面についている汚れの主成分である油脂類は、動物性油脂と鉱物系油脂に大別されることになります。動物性油脂は力性アルカリまたはこれを含む洗剤を用いて油脂を鹸化して除去し、鉱物性油脂は溶剤または界面活性剤などを使って脱脂します。そして脱脂の工程では、浸漬脱脂や電解脱脂など、複数の工程で脱脂していきます。

浸漬脱脂浴は各種アルカリ薬品を組み合わせて使用されます。銅や亜鉛の場合には素材が溶解してしまうことがあるので、それぞれの素材にあわせた脱脂浴を選択することが大切になります。

電解脱脂は水を電気分解することで陰極で水素ガス、陽極で酸素ガスが発生することを利用し、どちらかの極で脱脂する方法です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク