メッキ処理の種類とそれらの特徴

|お小遣いNET|内職 アルバイト|英会話教材|SEOアクセスアップ相互リンク集|金属製品の表面を装飾して美しく|上越市で格安の中古住宅|

今回はメッキ処理の種類と特徴についてご説明したいと思います。

まずメッキ処理とはどういうものか簡単に説明したいと思います。メッキ処理というのは金属、プラスチックやガラスなどの表面に金や銀などの金属の薄膜を付ける処理です。また、メッキ処理は商品や部品の表面の見た目を良くする、錆の防止、キズの防止などを目的としています。

さて、商品や部品にとって重要な役割があるメッキ処理ですが、大きく分けて「電気メッキ」と「無電解メッキ」の2種類があります。以下、それぞれの種類の特徴について説明したいと思います。
電気メッキはメッキさせる金属を電気化学的に付ける方法です。代表的なものとして金メッキがあります。金メッキは耐食性に優れており、見た目もきれいです。したがって、長期安定性が必要な部品などによく使用されます。
次に無電解メッキはメッキさせる金属が入った溶液の中に商品や部品を入れて、薄膜を付ける方法です。この方法は防錆性や耐摩耗性に優れているので、機械部品に使用されたりします。
以上、参考になりましたら幸いです。

何らかの物体の表面を他の金属の薄膜で覆うことをメッキといいます。主に金属製品の表面処理に使用されます。
古代に仏像に金メッキを施すのに使用した金のアマルガム(水銀との合金)を滅金と呼んだのが語源と言われています。
水銀に金を入れると実際には合金となるのですが、見かけ上は金が溶けてなくなってしまうように見えるため、金が消滅すると書いて滅金と名付けられたようです。

鍍金という漢字表記はめったに使われず、メッキと表記されることが多いため、カタカナ語のように思われますが、語源の通り古代から使われている日本語です。

ものの表面を別の金属で覆うことにより、防腐や装飾の効果が得られます。

防腐の目的でメッキされるものの代表として、トタンやブリキが挙げられます。トタンは鉄に亜鉛、ブリキは鉄にスズをメッキしたものです。
どちらも鉄よりさびにくい金属をメッキすることによって、鉄のさびやすいという欠点をカバーしています。

装飾の目的ではなんといってもアクセサリーでよく用いられる金メッキが代表的です。
地金属には銅と亜鉛の合金である真鍮が使われることが多いです。

現在では、合成樹脂(プラスチック)にクロムメッキを施した自動車部品が、大きく出荷されています。

クロムメッキとは、確かに電気を分解して取り出したんのがクロムを電子反応によって、
金属の表面に付着させて、皮膜を作ります。

非常に耐食性が良く、硬く、耐候性、光や熱の反射性が良いメッキだと思います。

装飾クロムメッキとは、ニッケルメッキ上に最終仕上げメッキとして使われ、
メッキ皮膜に硬さと耐食性、特有の色調を付与します。

ニッケルメッキとは、金属表面に他の金属や化合物を皮膜し、
被覆前には無かった装飾性、防食性、機能特性を得る操作をメッキといいます。

使用されている部品は、良く自動車部品ではホイールナット・ホイールキャップの表側、
メッキグリル・フォグランプカバー・ヘッドランプ内の反射板・クルマのエンブレム・後側に装着されている車名・ドアノブまたは、バイクにガソリンタンク・ヘルメット等に使用されています。

元自動車整備士をしていたので、作業中に取り外しでの一番気を使うのがメッキ部品です。

何故かと言うと、年数が経っているクルマの部品または、メッキ加工が不十分な物を
装着後新車の点検の際のメッキが意外に剥がれてしまって、
修理が出来ない為に交換をお勧めしますが、その度にお客様からの苦情が出たりと大変です。

意外にメッキは、人との接し方が良く似ています。繊細商品です。

|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|生演奏のご依頼は|ニキビで美肌ケアしよう|会社経営のご相談なら|貯蓄|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|ページランクブログパーツ|

コメントを残す